法人設立を始める前に

これまで書いてきましたように、法人設立はなんといっても我々外国人がマレーシアで居住するための手段です。法人を設立してそこから自分自身のためのビザを発給することになります。ビザを取るというとどこの国でも簡単ではなく、マレーシアも一見すると法人設立は簡単そうですがビザ発給も、となると手間が倍増します。さらにビザを発給するために必要な最低資本金というものが決まっており、外資100%(全てあなたの出資ということ)だと50万リンギ(約1350万円)もの大金が必要になります。これだけは仕方ないですね。しかし、何事にも裏技がありまして、実際にこの大金を用意しなくても良い場合があります。詳しくは日系の法人設立代行会社に問い合わせてみてください。マレーシアが日本よりも生活費が安いということで移住を決意される人が多いのですから、そういったサービスがあるのはごく当たり前の話です。筆者が経験した中では、アジアだとほとんどすべての国にそういったサービスがあります。さて、資本金50万リンギですが、これがもしも半分をマレーシア資本にするなどしますと35万リンギで済みます。しかし経営が自分1人の思うままにできなくなりますので財布と将来の展望をよく吟味しましょう。途中で変更するのは更に手間とお金がかかります。50万リンギというと大金のように思えますが、これから法人で事業を開始しようとされている方でしたらその後の営業費用としてそこそこ準備しているはずです。50万リンギは会社設立申請時に必要になりますが、設立後はもちろん引き出して営業資金として使うことができますので絶対に不可能な額でもありませんね。