法人設立を依頼しよう

上記、営業許可にあたるWRT Approvalですが、マレーシア資本100%にすれば必要ありません。現地に信頼できる知り合いがいる場合は資本金を捻出してもらって取締役に就任してもらうことであなたがマレーシアで働くためのビザを発給することができます。資本金も25万リンギですみます。もし日本に法人をお持ちの方ですと、駐在員事務所や支店という形態でも法人をつくることができビザも発給可能です。しかし、駐在員事務所ではマレーシア国内で営業活動をすることができず、実質ただ居住のためのビザ発給の手段として稀に使われる程度です。駐在員事務所は将来マレーシアに通常法人をたてるための情報収集などで社員を居住させるために使われることが多いです。よって斥候として社員を派遣することができる余裕のある企業しか選択できない形態です。支店につきましては設立自体は簡単なものの、その後の営業許認可が下りないことが多いのでオススメできません。これはもう長らく言われていることなので間違いないでしょう。それに税制上や設立の手間の優遇も特にないので、わざわざ支店を設立するメリットがありません。マレーシアには通常の法人がMSCステータスという政府お墨付きを取得することで様々なメリットを受けることが出来るようになります。これは私たちが自分で取得することは困難です。専門性の非常に高い申請をしてもらうことになる上に専門性の高い申請をしなければなりませんので、MSCステータス取得を目指す場合は設立から一貫して専門家に任せる方がよさそうです。